このホームページは、作成途中の部分もあります。少しずつ整えていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

トップページ >野菜栽培はじめの一歩 > 土の良し悪しでの育ち方の違い

土の良し悪しでの育ち方の違い

プランターで野菜を育てていた時に、はっきり分かったのですが、
土が悪いと育ちも悪く、虫にもやられやすくなるようです。

プランターで育てる時に、
最初は、市販のプランター培養土を使ってみたのですが…うまく育たず…

プランター培養土で育てたもの。芽は出るのですが、元気が無い感じで、最終的には虫にやられて全滅でした。

プランター培養土で育てたもの。最終的には、虫にやられて全滅でした。

苺

苺を植え替えたところ、みるみる元気が無くなってしまい、10日ほど経った頃には、枯れたような状態になってしまいました。(写真は3日目あたり)


あまりにもひどいので、プランターの土を入れ替えてみたところ
(使っていたプランター培養土を3分の1、牛糞堆肥3分の1、籾殻クン炭3分の1、草木灰を軽く一掴み)

枯れたような苺から、新しい葉が出てきたところ。この後、立派に育ちました☆

枯れたような苺から、新しい葉が出てきたところです。この後、立派に育ちました☆

土を入れ替えると、無事に大きくなりました。左から五条ネギ、水菜、ニンニクです。

土を入れ替えると、無事に大きくなりました。左から五条ネギ、水菜、ニンニクです。


元気になり、成長も良くなり、立派に育ちました!
(特に苺は、植え替えした途端、葉が生き生きとなった事には驚きました。)

市販のプランター培養土と言っても、質の良いものを選んで使えば良かったと反省していますが
(腐葉土にしても、肥料にしても、質の良いものを選ぶのは、重要なポイントと思います。)
「土の質が良くないことで、これほどの差が出る」
という事が分かったのは、良い勉強になりました。
(家庭菜園7年目からは、土作りに生ゴミ堆肥をとりいれています)


種蒔きカレンダー
管理人の菜園ブログです

はじめのうちは、ひどいものでしたが、土作りをしていく事で、今ではそこそこ収穫出来るようになりました♪細々と10年目です。

家庭菜園ブログ
台所も清潔に…生ゴミ堆肥

土を良くしたいと思って色々な肥料を試してみましたが、想像以上に効果があったのが生ゴミ堆肥でした。

生ゴミ堆肥
菜園廻りのこんな事
あると便利な菜園グッズ 少しの手入れで大きな収穫!庭木・果樹
菜園の困り事
野菜栽培はじめの一歩
土の良し悪しでの育ち方の違い水のやり方日照時間による育ち方の違い