このホームページは、作成途中の部分もあります。少しずつ整えていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

トップページ >果菜の育て方 > ナスの栽培

ナスの栽培

準備

育てる環境について

sun_icon日当たり良いところ

suiteki水が好き

rensakusyougai連作障害に注意(接木苗の場合は、大丈夫なようです。)

植える時

時期

5月上旬から中旬に苗を植えます。(接木苗の方が連作障害も気にしなくて良いので、家庭菜園にはオススメです。)

元肥

多め(追肥も小まめに)

植え方

水が好きなので、低い畝にして植えます。

上手に育てると、一株で100個以上採れるそうですが…我が家ではやっと数十個^^;大先輩には「トラックで土を入れたほうが良いよ」と良く言われます。野菜の根は、意外と深いところまで伸びるので、土の深さがある程度ないと上手く育たないようです。

お手入れ

支柱立て

良く成長しますので、支柱で支えます。

剪定

【一番果のつぼみが出来たら】2本立て(主枝と、一番果の下の側枝だけ育てる)か、3本立て(主枝と、一番果の下の側枝と、もう一つ下の側枝を育てる)にします。3本立ての方が、一般的?

【更新剪定】秋ナスを楽しむ為には、7月下旬から8月上旬頃に、短く剪定し、肥料を多めに追肥。(その後、1ヶ月程度、収穫できないので注意)

追肥

小まめに。(様子を見て、2週間に1回程度?)(花のつき具合を見るのがポイントです。)

収穫

1番果は小さいうちに収穫。

水やり

毎日あげても良いようです。

ナスは上手くすれば沢山収穫が出来ますので、剪定と追肥が大事になります。
雌しべが短いと栄養不足「コンテナ野菜づくり(山田貴義 著)」
収穫ごとに、余分な枝葉を切る「プロに教わる家庭菜園の裏ワザ(木嶋利男 著)」

種蒔きカレンダー
管理人の菜園ブログです

はじめのうちは、ひどいものでしたが、土作りをしていく事で、今ではそこそこ収穫出来るようになりました♪細々と10年目です。

家庭菜園ブログ
台所も清潔に…生ゴミ堆肥

土を良くしたいと思って色々な肥料を試してみましたが、想像以上に効果があったのが生ゴミ堆肥でした。

生ゴミ堆肥
菜園廻りのこんな事
あると便利な菜園グッズ 少しの手入れで大きな収穫!庭木・果樹
菜園の困り事
野菜栽培はじめの一歩
土の良し悪しでの育ち方の違い水のやり方日照時間による育ち方の違い