このホームページは、作成途中の部分もあります。少しずつ整えていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

トップページ >生ゴミ堆肥について > 生ゴミ堆肥「準備するもの」と「作り方」

生ゴミ堆肥「準備するもの」と「作り方」

生ゴミ堆肥の作り方

管理人はEM(発酵を促すもの。パンで言えばイースト菌のようなものですね。)
を使って生ゴミ堆肥を作っています。

生ゴミ堆肥の作り方は、この他にも色々あります。

管理人は「お世話になっている方の会社で扱っているから」
「EMを使うと、台所だけで、大部分の処理ができる
「土になるのが早い」という理由から、EMを使っています。

準備するもの


コンポストコンポスト(蛇口付きがオススメ!)

コンポストについては、多くの自治体で
「生ごみ処理容器」に助成金を出していますので、
市役所などのHPをチェックしてから購入すると、お得になる可能性があります

発酵させる為の時間が必要なので、2つ必要になります。


EMぼかしEMボカシ(EM醗酵資材)(300g100円程度!)

※管理人は「米ぬか」で少し“かさ増し”して使っています。
米ぬかは精米所で無料で貰える場合があります。


新聞紙新聞紙(水切り用)

最終的には混ぜ込んで、堆肥として使ってしまいます♪


コンポストの代わりに、ダンボールを使う方法等もありますが、室内型コンポストなら台所だけで作業が出来ますので(ダンボールの場合は、外に置く事が多いようです)管理人は室内型コンポストを使っています。

作り方


1コンポストの底に、水切り用の新聞紙を敷きます。
(新聞紙の上に、EMボカシを薄く振り入れておくと、よりGood!)

※新聞紙は、生ゴミで蛇口が詰まらないようにする「フィルター」の役割をします。


2水気を切った生ゴミ(カラカラにしなくても大丈夫です!)
を野菜炒め程度の大きさに切ります。

管理人は「ペットの餌を用意する感じ」で、やっています^^

生ゴミ堆肥に使えない生ゴミ

腐ったもの…生ゴミ堆肥は発酵させるものなので、腐っているものを入れるのはNG。
水分が多すぎるものは、腐らないようにぼかしを多めに入れます。

分解できないもの…金属やプラスチック、割り箸等も(分解しにくいので)NGになります。

有害なもの…タバコの吸殻など。

意外と使える生ゴミ

塩気のあるもの…塩分があり過ぎる場合は塩抜きが必要ですが、少しの塩分は
(微生物に必要なので)意外とOK!
(考えてみれば「家畜ふん尿」にも塩分はありますものね)

骨、卵の殻など…細かくするのがbetter。


3

生ゴミをコンポストに入れ、
EMボカシをまぶすように振りかけ、混ぜます。
(管理人は古いしゃもじで混ぜるようにしています。
底の方まで混ぜる必要はありません。

※生ゴミの水分が多い時は、多めにいれます。
暑い時期も多めに入れます。
追加分は、米ぬかで(経験的には)大丈夫だと思います。
(ただし、米ぬかを入れすぎてしまうと「液肥(発酵液)」は出来ません)

※発酵液が溜まったら下の蛇口から出し、液肥などに使います。


4コンポストの蓋はぴっちり閉めます。

生ゴミが空気に触れないように、生ゴミの上にサランラップなどのビニールを敷くのがBetter!


5生ゴミが一杯(8分目程度)になったら、
直射日光が当たらないところで密封状態のまま、1~2週間発酵させます。
(発酵期間は、夏場は一週間、冬場は2週間が目安です。)

「漬物のような匂い」になっていれば成功です!


管理人からのお願いm(_ _)m
生ゴミ堆肥作りについては、フリートプランニングさんに大変お世話になりました。
「コンポストや、EMぼかしなど、各種資材」のご購入の際は、フリートプランニング(027-345-2501)さんまで、ご用命頂けますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
各種資材(コンポストやEMぼかしなど)の取り扱いの他、講習会(EMを使った農法の説明など)も定期的に開催されています!
種蒔きカレンダー
管理人の菜園ブログです

はじめのうちは、ひどいものでしたが、土作りをしていく事で、今ではそこそこ収穫出来るようになりました♪細々と10年目です。

家庭菜園ブログ
台所も清潔に…生ゴミ堆肥

土を良くしたいと思って色々な肥料を試してみましたが、想像以上に効果があったのが生ゴミ堆肥でした。

生ゴミ堆肥
菜園廻りのこんな事
あると便利な菜園グッズ 少しの手入れで大きな収穫!庭木・果樹
菜園の困り事
野菜栽培はじめの一歩
土の良し悪しでの育ち方の違い水のやり方日照時間による育ち方の違い